あるニュース記事

こんなニュース記事を見て

https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202307050000225.html?utm_source=headlines.yahoo.co.jp&utm_medium=referral&utm_campaign=%E3%83%8B%E3%82%B9%E3%83%88%E3%80%81%E6%AF%8D

日本の常識は世界で通用しない。とよく言いますが、20年近く前もこんな事は日常茶飯事でした。

提出した書類をなくされたり、覚えのない請求書を引き落とされたり、結果、何一つ解決されぬままでうやむやでした。

すいませんの一言もないので、心底気分が悪くなったのを思い出しました。

しかし、別の場面では、良い対応もしてもらえたこともあるので、一長一短でしょうか?

しかし、一度こうしたことが起きたら、この国全てがそうだとは言えませんので、感情的にならず、冷静に判断したいところです。

一度嫌いになると、なかなか前向きに物事を捉えることが難しくなるので、最後は自分との戦い。

しかし、一つ言える事は、日本から見たドイツは、「何事もきちんとしている、順序立てて物事がスムーズに進む、日本と似ている」など、イメージが先行しているので、予想外のことが起きると、そのガッカリ度は大きいかもしれません。

どこの国でも、日本と違うわけですし、知らないことがあるものです。

知らないまま、予想外のハプニングが起きると動揺しますが、それも経験として乗り越えていきましょう。

不満があるなら、ドイツ語でハッキリ文句が言えるようにしておくことが重要です。